資産評価

係争車両の評価

期末在庫車の評価

推定価格の証明

税法上、棚卸資産の評価方法で低価法を採用している企業は、期末決算時に仕入原価より
期末時価が下がれば評価換えができます。期末時価の評価に、査定協会の査定をご利用下さい。

売買時の価格証明

親しい友人や知人に車を譲るとき、いくらにするか決めるのは面倒なものです。そんなとき、査定協会がお手伝いいたします。適正な時価相場を査定して「査定証」を発行いたします。


あなたの車が事故にあい、その車が「修復歴車(事故車)」となった場合、車両価格に大きなハンディキャップを負うことになります。そんなとき、査定協会では、事故による評価損を損害賠償請求できる様「事故減価額」として公正に評価、証明いたします。
企業の合併、清算整理、贈与、債務の代物弁済、個人・法人間売買のため、評価
が必要な時、その車両を査定し、査定価格の証明書(査定証)を発行いたします。
査定協会の専属査定士は全国各地の裁判所から係争時の中古車価格の鑑定人
に指名を受けております。解約車の評価及び鑑定等にご利用ください。
遺産相続、損害賠償請求あるいは資産の評価などに際し、過去に遡って当時の評価額が必要なときがあります。査定協会では、豊富な知識とデータに基づいて「推定価格証明書」を作成いたします。

事故減価額の証明